彼はしっかりと私の目を見て話す人です。
初めて会った時にもそんな風に私の目からし線を外すことなく話しかけてくれました。
私も比較的、人の目をしっかりと見て話をするタイプですので
お互いに見詰め合って話をしていたという事になります。
ですので、友達の1人は
「彼と上手く行きそうなの?」なんて聞いてきたりしました。
・・・といっても出会ったばかりでしたので、そんな事どう進んで行くのかなんて分からないと答えましたが(笑)

彼と私はその後も何度か会っていました。
住んでいる場所も車で30分程度の場所にあることから、彼はよく私の家の近くまで来ては
食事やお茶に誘ってくれるようになったのです。
そして2人で話をする時間と同時に、見詰め合う時間も増えた私たちはお付き合いすることになりました。
あっという間の恋愛関係でした。

2人で居ることはとても心地よく感じていましたし、
私に対して一生懸命でいてくれる彼に感謝もしていました。
また、彼の思いに答えられるように私も彼に感情を伝えて行きたいし
もっと優しくしたいとも思いました。

そんな関係は2年ほど続いていたのですが、気がつけば互いの顔を見ることはなくなったと思います。
見詰め合うことが無くなったその時、私たちの別れが目の前までやってきていることを示唆していました。

  • 2016年12月
         
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031